フルーツショッピング

2006年06月13日

[映画]嫌われ松子の一生

2006_11
mo4022.jpg
タイトル:嫌われ松子の一生
鑑賞日:2006.06.11
場所:テアトルダイア
ジャンル:ヒューマン+ミュージカル
配給:東宝

監督・脚色:中島哲也
出演:中谷美紀
瑛太
伊勢谷友介
香川照之
市川実日子
劇団ひとり
BONNIE PINK
ゴリ
黒沢あすか
荒川良々
AI


あらすじ・解説の詳細

昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生が坂を転がり落ちるがごとく、始まっていく。愛を求める松子の前にはさまざまな男が現れるが、彼女の選択はことごとく不幸へと繋がってしまうのだった。53歳、河川敷で死体となって発見された彼女の生涯を探る甥が見たものは?

山田宗樹の人気小説を映画化した話題作。夢を抱いて就いた教師の職をクビになり、どうみてもダメダメな文学青年にお金を貢ぐ日々。やがてソープ嬢となり、挙げ句の果てにヒモを殺害。刑務所に入ることに。そんな壮絶すぎる女・松子の人生は、不幸なはずなのに、なぜか彼女を応援したくなってくる。男たちに利用され、搾取され、捨てられる松子。でも彼女は誰を責める訳でもない。不器用で一生懸命な松子を、「松子を演じるために女優を続けてきたのかもしれない」と話す中谷美紀が熱演し、これまでにない顔を見せる。そして「下妻物語」の中島監督がCGやミュージカル・シーンを挿入するなど、原作小説に敬意を払いながらも挑戦的な演出で、愛すべき松子の一生を作り上げた。




感想:映画つうよりミュージカル。

個人的には中谷美紀よりBONNIE PINKがかなり良かった。
まあそれなりに楽しめます。

あと、木村カエラは要らんやろ。

公式HP
>嫌われ松子の一生@映画生活

嫌われ松子の一生 (出演 中谷美紀)嫌われ松子の一生 (出演 中谷美紀)


売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


MUSIC FROM MUSIC FROM "MEMORIES OF MATSUKO" -嫌われ松子の音楽- メイキング・オブ 「嫌われ松子の一生」
山田宗樹 中島哲也 中谷美紀

アミューズソフトエンタテインメント 2006-04-28
売り上げランキング : 8067
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by tusky at 00:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(鑑賞履歴&感想) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。